シミ消しクリームの美白成分アルブチン

シミ消しクリーム,アルブチン

 

シミ消しクリームによく配合されている美白成分にアルブチンがあります。

 

このアルブチンは 皮膚科で処方されるシミの塗り薬にも配合されていることが多い有効成分です。

 

アルブチンの名前は聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

 

アルブチンは ハイドロキノンとブトウ糖が結びついた構造を持つ美白成分。

 

ハイドロキノンは漂白作用の高さで知られますが、お肌に刺激にやりやすいという特徴がありますが、アルブチンはお肌に刺激になりにくいことで知られています。

 

このアルブチンの働きですが、メラニンができるのを抑える働きがあります。

 

つまり、シミができるのを抑える効果が期待できる美白成分なのです。

 

そして それだけではありません。

 

アルブチンはハイドロキノンと似た構造を持つだけあり、お肌から吸収されると ハイドロキノン状にメラニン色素を還元する働きもあります。

 

ですので、アルブチンは できてしまったシミのケアだけでなく シミの予防といった目的で長期間使うのにも適している成分なのです。

 

日本では89年から化粧品などに配合されており、安全性の高さなどでも定評があります。

 

 

アルブチンはビタミンCとの併用で相乗効果も

 

アルブチンは ビタミンC誘導体などと同時に使うことで さらなる効果が期待できると言われています。

 

というのも、ビタミンCには お肌の代謝、つまりターンオーバーを助ける働きがあります。

 

シミをしっかりケアして シミのもととなるメラニン色素をお肌の外に排出するには このお肌の代謝がスムーズに行われることが好ましいのです。

 

アルブチンの効果をしっかり実感したいという方は この両方が配合されているシミ消しクリームや美白化粧品を選ぶことをおすすめします。