皮膚科のシミ消しクリーム

シミ消しクリーム,皮膚科

 

シミ消しクリームを使うのなら まずは皮膚科に行くべき、という考え方もあります。

 

皮膚科でお医者様にきちんとお肌の状態をみていただいて、治療をしていただく、という方法です。

 

 

皮膚科でシミを診てもらうメリットとしては、例えば肝斑かシミなど自己判断しにくいお肌の現状がはっきりする、あなたのシミの状態に応じた治療法を提案してもらうことができる、など様々です。

 

ですが、メリットばかりではないという点も知っておきましょう。

 

 

というのも皮膚科でシミの治療をお願いする、という場合 原則として自費治療となります。

 

自費というのは、健康保険が効かないことを指します。

 

ですので 処方されるシミ消しクリームだけでなく、診察費などすべてが全額負担になります。

 

 

どれくらいの金額になるのかは クリニックなどにより異なりますが、初診の場合は診察代は最低でも五千円程度、処方されるクリームも 数千円、となることが多いようです。

 

さらに 経過観察や シミ消しクリームを追加で処方してもらうために 通院することになりますので こういった費用がかさんでゆきます。

 

 

また、最近では いわゆる美肌専門クリニックでなくても、美容医療に力を入れている皮膚科さんも増えています。

 

お医者様によっては クリームではなく、専門的な機械などを使った治療をすすめることもあるでしょう。

 

また、シミだけでなく 例えばシワやお顔のたるみなどの治療も合わせて提案される場合もあります。

 

その場合は さらに費用がかかってきます。

 

ですので 皮膚科のシミ消しクリームを試してみたい、という気軽な気持ちでかかると思わぬ出費となるでしょう。

 

 

皮膚科と市販のシミ消しクリームの美白成分は同じ?

 

シミ消しクリーム,皮膚科

 

皮膚科のシミ消しクリームと言えば パワフルな美白成分入りのシミ消しクリームなどが処方してもらえることで知られています。

 

そういった美白成分の一つにハイドロキノンというものがあり、効果が実感しやすいことで知られています。

 

ですが、このハイドロキノンは 最近では市販のシミ消しクリームにも配合されています。

 

また、皮膚科で処方されるシミ消しクリームによく配合されている美白成分にアルブチンというものもありますが、こちらも市販のシミ消しクリームにも配合されています。

 

ですので、もし ハイドロキノンやアルブチンなどの人気のある美白成分入りのシミ消しクリームを使ってみたい、ということでしたら 市販品を試してみるという方法もあります。

 

市販のシミ消しクリームには、手軽なお試しセットなどがあるものもあります。

 

こういったものを使えば 千円程度で しっかり試すことができます。

 

合っている、効果が実感しやすいと思ったら そのまま続けて自宅でシミのケアをすることができるのです。

 

 

皮膚科で処方してもらうシミ消しクリームは市販品と違うのでは?というご質問もありますが、配合されている美白成分については ハイドロキノンやアルブチンなどは同じものです。

 

皮膚科でないと!という考え方があるのは、かつて ハイドロキノンが皮膚科処方のクリームだけに配合されていたという歴史があるためです。

 

そのハイドロキノンも 2001年から市販のシミクリームに配合されるようになりました。

 

市販のシミ消しクリームも種類が増え、よりお肌に浸透しやすい、あるいは よりお肌に刺激になりにくいなど工夫されているものが多くなっています。

 

ですので まずは試してみてはいかがでしょうか?