シミが気になる時のメイク

シミ,メイク

 

シミが気になる時は ついついメイクが濃くなりがちですよね。

 

コンシーラーなどを駆使して、ファンデーションも厚塗り・・・

 

シミ消しクリームでしっかりケアして シミそのものが気にならなくなればメイクは薄くできますが、それには一定の時間が必要です。

 

ですので、それまでの間 厚塗りにならないようにシミを上手にカバーするコツが必要ですね。

 

シミというとコンシーラーを使う方も多いでしょう。

 

でもコンシーラーをつけると逆にシミが目立ってしまうということもあります。

 

コンシーラーの色がお肌と微妙に合わず、そのため ここにあるシミをメイクで隠しています、というのがわかりやすい仕上がりになることも。

 

特に お肌よりも明るめの色のコンシーラーですと 色浮きして逆に目立ちやすくなるので注意が必要です。

 

シミが濃くなっているという場合は、お肌よりも気持ちワントーン暗めの色のコンシーラーを使うようにすると 色なじみが良いのでおすすめです。

 

コンシーラーは 保湿効果があり、お肌に密着しやすいものを選ぶようにしましょう。

 

そして 厚く塗らず、薄めにつけてから ファンデーションを重ね付けする程度にしましょう。

 

シミが気になり厚塗りをすると メイク崩れの原因になり 逆効果。

 

コンシーラーは持ち歩き メイク直しの際に軽く付け直すようにしましょう。

 

そうすることで厚塗りしすぎてしまうのを防ぐことにもなります。

 

 

カバー力の高いファンデーションでシミをカバー

 

 

コンシーラーを使わなくても、シミが気になる箇所だけ ファンデーションを軽く指で重ね付けするという方法もあります。

 

この場合は カバー力の高いファンデーションを使うことが重要です。

 

シミをカバーしたいのでたら、パウダータイプではなくリキッドタイプのファンデーションのほうがおすすめです。

 

リキッドタイプなら 薄付きでも しっかりカバーができるものが沢山発売されています。

 

リキッドというと重いということで敬遠する方もいるでしょう。

 

ですが、最近では美容液が配合されていたりと 重くならずに使えるリキッドファンデーションも増えています。

 

こういったものですと 軽い付け心地ですし 美容液成分でメイクしながらスキンケア効果も期待できます。

 

このようなファンデーションでシミをカバーし、その上で 必要に応じて 仕上げ用のパウダーなどを使うようにしましょう。

 

昔から使っているメーカーだから、と同じものを使い続ける方もいらっしゃると思いますが、機能性に優れたファンデーションも増えていますので 検討してはいかがでしょうか?

 

 

メイクでシミが増える?

 

シミ,メイク

 

そして メイクをする際に気を付けたいのが お肌への摩擦や刺激です。

 

ファンデーションをつけるのに スポンジでこすりつけるようにつけていると 肌摩擦となり、シミなどの原因になります。

 

そしてメイクで筆を使う方も注意が必要です。

 

というのも 筆ブラシがお肌にチクチクと刺激になる場合があるためです。

 

お肌に刺激を与え続けるとシミの原因になってしまいます。

 

お肌に穂先を立てるようにしてブラシを使う習慣がある方は要注意。

 

筆を使う際には できれば平筆で お肌に立てて使わないように気を付けましょう。

 

チークなどは スポンジや指でかるく押さえてつけるようにして使ってみるようにしましょう。