シミ消しクリームで妊娠中もシミケア

シミ消しクリーム,妊娠中

 

妊娠中もシミのケアを続けたいという方にとっても シミ消しクリームでのケアがおすすめです。

 

妊娠中ということで シミ消しクリームに含まれる一部の美白成分などについて気になるという方もいらっしゃるでしょう。

 

例えば ハイドロキノン。

 

病院処方のシミ用クリームなどでハイドロキノンが配合されているものは 妊娠中の使用について制限されているものがあります。

 

ですが、市販のハイドロキノン配合のシミ消しクリームの場合、配合されている濃度が低いということもあり 妊娠中でも使えるものがほとんどです。

 

注意書きなどをよく読んでから 使うようにし、刺激や赤みなどを感じたら すぐに使用を中止するようにしましょう。

 

 

妊娠中はホルモンバランスの急激な変化や つわりなどの影響で お肌のコンディションが妊娠前とは違うということがよくあります。

 

そのため、シミ消しクリームに限らず、今まで使ってきたスキンケア製品が 合わなくなるということもあります。

 

少しでもおかしいな、と思ったら まずは使うのをやめるようにしましょう。

 

 

メーカーによっては お肌が刺激になりやすい敏感肌の方向けのシミ消しクリームを発売しているところもあります。

 

お肌により優しい、ハイドロキノンではなく別の美白成分が配合されているということで 妊婦さんの間でも使いやすいと口コミで評判になっているシミ消しクリームもあります。

 

妊娠中は このようなシミ消しクリームに切り替えてみるのもよいでしょう。

 

 

妊娠中や産後にできるシミ

 

シミ消しクリーム,妊娠中

 

妊娠中のシミというと、間違えやすいものに肝斑があります。

 

肝斑とはホルモンバランスの影響でできるといわれるシミ状のもので 妊娠中の女性にも出やすいためシミと間違えられることが多くなっています。

 

妊娠してから急に 頬に左右対称で薄い大きなシミみたいなものが出てきた、という場合は肝斑かもしれません。

 

肝斑は シミ消しクリームではなく、トラネキサム酸という成分の入った飲み薬でのケアが一般的です。

 

このお薬は妊娠中でも使えると言われていますが、念のためかかりつけのお医者様に相談してから使うようにしましょう。

 

 

また、妊娠中のホルモンバランスの影響で産後に急にシミやそばかすができやすくなる、ということがあります。

 

こういったシミやそばかすも 人によっては産後しばらくすると落ち着いてくることがあります。

 

ですが、残念なことに残ってしまうことも多いので シミ消しクリームでケアをしてゆくことをおすすめします。

 

出産を機に肌質などが変わるという場合もありますので、まずはお肌に刺激になりにくい美白成分が配合されたクリームから使ってみることをおすすめします。

 

そして産後で あまり外出しないから・・・と日焼け止めなどのUV対策を手抜きしてしまうと シミやそばかすを増やす原因になります。

 

軽いものでいいので 日焼け止め乳液を使う、日当たりの良いお部屋で過ごすのから ガラス戸を通って入って来る紫外線に気を付けるなど 最低限の対策はしておきましょう。

 

また、お散歩などで外出するようになったら 帽子や手袋などのUVグッズも活用するようにしましょう。