シミの種類について

シミ,種類

 

シミ消しクリームでケアしやすいシミもあれば、医療機関での治療が必要となってくるものもあります。

 

シミ消しクリームを効果的に使うためにも、シミの種類について知っておきましょう。

 

 

老人性色素斑

 

紫外線などの影響でお肌にメラニン色素ができることが原因のシミです。

 

老人性、という名前の通り 加齢とともにできやすくなります。

 

シミ消しクリームに含まれる美白成分は、それぞれ様々な働きをします。

 

できてしまったメラニン色素を還元する作用があるものや、肌代謝をサポートしてメラニン色素がお肌から外に排出しやすくするものなどがあります。

 

成分ごとの特性をよく理解して シミ消しクリームを活用してゆきましょう。

 

 

肝斑

 

肝斑はホルモンバランスの急激な変化でできるお肌のトラブルです。

 

薄く大きなシミ状のものが頬や額などできます。

 

左右対称にできやすいと言われていますが、必ずしも左右対称とは限りません。

 

肝斑はトラネキサム酸という成分の飲み薬を使った治療が一般的です。

 

妊娠や更年期といった 女性のホルモンバランスが急に変わる時期に出やすいことで知られおり、出産後や閉経後に自然に気にならなくなってゆくことが多いのも特徴です。

 

とは言っても、更年期のお肌は 肝斑だけでなくシミなどもできている いわゆる「コンビネーション」状態になりがちですので シミ消しクリームも適宜活用してケアするようにしましょう。

 

 

炎症性色素沈着

 

シミ,種類

 

ニキビなどのトラブルでお肌に炎症ができ、その影響でシミ状に残ってしまったものを指します。

 

ニキビ跡の場合、茶色く残っているものは 炎症でメラニン色素ができてしまった跡ですので、シミ消しクリームでのケアができます。

 

それ以外に 赤や青みがかって残っている場合は メラニン色素ではなく血液による色素沈着ですので 皮膚科などでの治療が必要になります。

 

 

そばかす(雀卵斑)

 

そばかすは遺伝性が強く、子どものころから出来るという方が多くなっています。

 

そばかすは紫外線の影響で濃くなったり増えたりします。

 

これはメラニン色素ができている状態ですので、シミ消しクリームでのケアが可能です。

 

そばかすは 小さいものが薄く沢山出ている状態ですので、クリームを薄くお顔全体にのばして付けるようにしましょう。

 

その上で 特にそばかすが気になるところに重ね付けするようにしましょう。

 

 

脂漏性角化症(イボ)

 

シミ,種類

 

脂漏性角化症は イボ状にお肌がもりあがっている状態を指します。

 

別名 老人性イボとも呼ばれており、シミのように見え、出来ると目立ちますし 気になるものです。

 

加齢とともに 首などにプツプツと小さいイボ状のシミができやすくなります。

 

こういった小さいイボ状のシミは シミ消しクリームやイボ用のジェルクリームなどでケアすることができます。

 

ある程度大きくなったものは 皮膚科などでの治療が必要となってきます。

 

イボは腫瘍の一種ですので、急に大きくなったなど気になる点がある場合は 必ずお医者様にかかるようにしましょう。

 

 

摩擦黒皮症(黒ずみ)

 

摩擦黒皮症は、お肌への摩擦による刺激でメラニン色素ができてしまい、黒ずんでいる状態を指します。

 

特にできやすい箇所としては わきの下やビキニラインや膝があげられます。

 

また、顔も こするようなケアをすることで メラニン色素ができ、黒ずむことがあります。

 

過剰なスクラブ洗顔をしたり、タオルでゴシゴシと拭いたりしていたら 頬にうっすらとシミのようなものが出てきたという場合は要注意です。

 

美白成分入りのシミ消しクリームでしっかりケアするようにしましょう。

 

わきの下などデリケートな箇所の黒ずみは 専用の黒ずみクリームなども発売されていますので そのようなものを活用してもよいでしょう。