シミ消しクリームの美白成分 ビタミンC

ビタミンCはシミ消しクリームの有効成分として 古くから使われてきた歴史があり、最も有名な美白成分と言えます。

 

ビタミンCには できてしまったメラニン色素を還元、メラニン色素をお肌の外に排出する働きがあるだけでなく、お肌にメラニン色素ができるのを抑制する働きがあります。

 

つまり、シミ消しとシミ予防の両方に使える美白成分なのです。

 

ビタミンCは食品などにも多く含まれますので 私たちにとって身近で安心できる成分でもあります。

 

 

ビタミンC誘導体とは?

 

シミ消しクリーム,ビタミンC

 

美白のためにビタミンCを活用する場合ですが クリームなどお肌の外から付けるケア製品には 安定化させたビタミンC誘導体という形のものが使わています。

 

このビタミC誘導体、よく聞くネーミングかもしれませんが 一体何だかご存知でしょうか。

 

ビタミンCそのものは水溶性。

 

ですので そのまま使うと 脂溶性のもののほうがなじみやすい私たちのお肌には、浸透しにいのです。

 

このビタミンCを お肌により浸透しやすくしたのがビタミンC誘導体と呼ばれるものです。

 

このビタミンC誘導体にも種類があり、代表的なものを以下ご紹介しましょう。

 

 

・リン酸アスコルビル

 

・パルチミン酸アスコルビルリン酸

 

・テトラヘキシルデカン酸アスコルビル

 

・アスコルビン酸グルコシド

 

このうち 浸透力がもっとも高いとされるビタミンC誘導体がパルチミン酸アスコルビルリン酸、その次が リン酸アスコルビルという位置づけです。

 

シミ消しクリームのビタミンC誘導体をチェックする際に参考にしてみて下さいね。

 

 

ビタミンCはお肌の内側からの補給も

 

シミ消しクリーム,ビタミンC

 

ビタミンCは お肌の内側から補給することで シミケアへの相乗効果も期待できます。

 

ビタミンCを多く含む食品の主なものをご紹介しましょう。

 

カリフラワー ブロッコリ ピーマン モロヘイヤ

 

ゴーヤ れんこん じゃがいも キャベツ

 

レモン いちご キウイフルーツ アセロラ

 

季節ものもありますが、スーパーなどで買いやすいおなじみの食材ですよね。

 

是非毎日の食事に取り入れてビタミンCを補給するようにしましょう。

 

でも、ビタミンCはそのままではとても壊れやすい成分としても知られています。

 

水洗いする際や 湯がく際などは さっと手短にするようにしましょう。

 

レンコンや じゃがいもは 調理しても ビタミンCが壊れにくいことで知られています。

 

ですので このような食材も上手に組み合わせて毎日の食卓に取り入れるようにしてみましょう。

 

また、毎日ビタミンCを一定量摂り続けるのは ちょっと大変!ということもありますよね。

 

その場合は シミ用の飲み薬などからビタミンCを摂るようにするなどしてみてはいかがでしょうか。

 

 

ビタミンCを多く含む柑橘類にご用心!

 

シミ消しクリーム,ビタミンC

 

昔の映画や写真などで レモンの輪切りをお顔にのせてパックしている、なんて光景がありましたよね。

 

レモンなどに多く含まれることで知られるビタミンCですが、美白を目指しているのでしたら しないようにしましょう。

 

ビタミンCが含まれているのに?と不思議に思うかもしれませんね。

 

実は レモンをはじめとした柑橘類には ビタミンCのほかに ソラレンという成分が含まれています。

 

このソラレンには 紫外線を吸収するという働きがあります。

 

つまり、レモンパックをしてしまうと、その箇所に紫外線がどんどん集まり シミができやすくなってしまうのです。

 

しかも、ビタミンCそのものは壊れやすいため お肌にレモンを乗せてもほとんど吸収されません。

 

ですから うっかり生のフルーツを使ったパックなどはしないようにしましょう。

 

実際に うっかり見よう見まねでレモンパックをしてしまい お顔にシミが増えて皮膚科にかけこみ・・・という方が一時期多かったのだとか。

 

最近では美肌成分が配合されたシートマスクなどが沢山販売されています。

 

パックでスペシャルケアをしたい、という場合は そのようなものを使うことをおすすめします。