更年期にできやすいシミ

女性のお肌は 加齢とともにシミができやすくなります。

 

これは 紫外線がお肌に蓄積されてゆき メラニン色素が増えてしまうため。

 

ですが、40代半ばになってから シミが急激に増える方もいます。

 

なぜ 更年期世代になるとシミが増えるのでしょうか?

 

目次

 

 

更年期,シミ

 

更年期はホルモンバランスが急激に崩れる時期。

 

そのため ホットフラッシュや 憂うつ感といった この時期特有のさまざまな症状が女性に起こりやすくなります。

 

その更年期に なぜシミもできやすくなるのでしょうか?

 

 

それには理由が二つあります。

 

 

 

一つは、女性ホルモンの減少によるお肌の乾燥。

 

 

お肌の乾燥は 肌代謝のサイクル、つまりターンオーバー周期を乱してしまいます。

 

その結果、できたメラニン色素がお肌に残りやすくなってしまうのです。

 

 

更年期世代はお肌が乾燥しやすくなるため、保湿などのケア製品を変える方が増えます。

 

それに加えてUVケアも徹底する必要があります。

 

このような 紫外線によるシミは シミ消しクリームでホームケアをすることが可能です。

 

 

 

そしてもう一つの理由が 肝斑です。

 

更年期にできやすいシミ状のものに肝斑と呼ばれるものがあります。

 

肝斑は両頬などに広範囲にうっすらと 左右対称に出やすいと言われています。

 

肝斑は 紫外線によりできるのではなく、ホルモンバランスの影響でできると考えられています。

 

 

肝斑はトラネキサム酸という成分の入った飲み薬でのケアが一般的。

 

ですがハイドロキノンなどの美白成分入りのクリームでのケアも効果的と考えられています。

 

 

 

更年期,シミ

 

更年期には このシミと肝斑が両方できるという女性も多く、両方を意識したケアが必要になってきます。

 

まずは保湿、そしてクリームを使ったケアを行うようにしましょう。

 

その上で 肝斑用の薬などを使ってゆくようにするのがおすすめです。

 

 

また、肝斑そのものはホルモンバランスが原因でできるものですが、紫外線に当たることで悪化することがあります。

 

シミを新たに作らないためにも UVケアを徹底して行うようにしましょう。

 

 

更年期はホルモンバランスなどの急激な変化で お肌が急に敏感肌になることがあります。

 

今まで使ってきた美白美容液やシミ用クリームが合わなくなる方も多いのです。

 

そのような場合は 敏感肌用の美白ケアクリームなどを活用することをおすすめします。