シミ消しクリームで妊娠中もシミケア

妊娠中もシミのケアを続けたいという方にとっても シミ消しクリームでのケアがおすすめです。

 

ですが妊娠中ということで 市販のシミ消しクリームをそのまま使って良いのか迷うかもしれませんね。

 

一部の美白成分については 妊娠中に使って良いのか気になる方も多いと思います。

 

 

妊娠中に使えるシミ消しクリームについてご紹介しましょう。

 

目次

 

 

シミ消しクリーム,妊娠中

 

妊娠中にも気になるのがシミ。

 

今までシミ消しクリームを使ってきた方も、初めて使うという方でも まずは美白成分が気になるのではないでしょうか

 

 

結論から言いますと、市販されているシミ消しクリームでしたら妊娠中も使って問題ないものがほとんどです。

 

 

とはいえ、ハイドロキノンなどの一部のパワフルな美白成分配合のシミ消しクリームは使って良いものか迷うかもしれませんね。

 

 

医師処方のシミ軟膏と違い、日本で市販されているシミ消しクリームは ハイドロキノンの配合濃度が低くなっており、妊娠中でも安心して使えるものがほとんどです。

 

また、人気の美白成分アルブチンお肌にマイルドに使えて 妊娠中も安心して使用できることで知られています。

 

 

ですが、妊娠中は何かと敏感になりやすい時期

 

ホルモンバランスの急激な変化で お肌のコンディションも変わりやすい時期でもあります。

 

 

注意書きをよく確認のうえ、少量サイズのものから試してみて お肌に合うか確認してから使うようにしましょう。

 

また、刺激や赤みを感じたら すぐに使用を中止するようにしましょう。

 

 

 

シミ消しクリーム,妊娠中

 

妊娠中はホルモンバランスの急激な変化などの影響で お肌のコンディションが妊娠前とは違うということがよくあります。

 

そのため、シミ消しクリームに限らず、今まで使ってきたスキンケア製品が 合わなくなるということもあります。

 

いままで使ってきたケア製品が ピリピリと刺激になってしまう、ということもありがちです。

 

 

そんな時に活用したいのが 敏感肌用の美白ケア製品。

 

刺激や赤みが出やすい敏感肌の方でも 刺激になりにくく美白ができるものが増えているのです。

 

妊娠中で 肌コンディションが変わった、という方にも 使いやすくなっています。

 

 

このタイプのシミ消しクリームは

 

お肌により優しく使える

 

ハイドロキノンではなく 別の成分が配合

 

 

ということで、妊婦さんの間でも使いやすいと口コミで評判になっています。

 

 

妊娠中は何かとナーバスになりやすい時期です。

 

今まで使ったことのないスキンケア製品を使うというのも ちょっと勇気が要ることかもしれませんね。

 

心配な方は このような刺激になりにくいシミ消しクリームを使ってみることをおすすめします。

 

 

 

 

バナー原稿imp

ディセンシア サエルの特徴

サエルは美白のポーラが作った 敏感肌用のシミケアクリーム

お肌に刺激になりにくいことで定評があるから、お肌のコンディションが変わりやすい妊婦さんでも安心して使えると いま人気沸騰中!

リニューアルでさらに魅力度アップしたサエル、今ならトライアルセットがお得

万が一の時も安心の返金保証付きです。

価格 1,480(税込)円
評価 評価5
備考 美白のポーラが作った敏感肌用シミケアクリーム
 
 

バナー原稿imp

アスタリフトホワイトの特徴

アスタリフトホワイトは あのアスタリフトの美白ライン。

有効成分アルブチン配合で 効果が実感しやすいのに お肌に刺激になりにくい美白アイテムとして話題のシミクリームです。

独自のナノ技術配合で、シミだけでなく 産後に気になりやすいソバカス対策にもおすすめです。

お試しやすいトライアルセットが 今なら1,000円、送料無料。

価格 1,000(税別)円
評価 評価4.5
備考 アスタリフトでシミだけでなくソバカスの予防も!
 
 
アンプルールの特徴

アンプルールは 新安定型ハイドロキノン配合で お肌に刺激になりにくく使える美白ケアシリーズ。

皮膚専門の女医さんが開発した美白アイテムなので より安心して使えるシミクリームとしてもおすすめです。

今ならトライアルセットに 次回お買物1,000円割引付き

よりお得にお試しするチャンスです!

価格 1,890(税込)円
評価 評価4
備考 より安心できるハイドロキノンクリームならコレ!
 

 

 

 

妊娠中のシミというと、間違えやすいものに肝斑があります。

 

 

肝斑とはホルモンバランスの影響でできるといわれるシミ状のもので 妊娠中の女性にも出やすいためシミと間違えられることが多くなっています。

 

妊娠してから急に 頬に左右対称で薄い大きなシミみたいなものが出てきた、という場合は肝斑かもしれません。

 

 

肝斑は シミ消しクリームではなく、トラネキサム酸という成分の入った飲み薬でのケアが一般的です。

 

妊娠中に このお薬を使いたいという場合は かかりつけのお医者様に相談してから使うようにしましょう。

 

 

 

シミ消しクリーム,妊娠中

 

また、産後に急にシミやそばかすができやすくなる、ということがあります。

 

このようなシミやそばかすは 妊娠・出産で急激に変わるホルモンバランスの影響と考えられています。

 

そのため産後しばらくすると落ち着いてくることが多いのですが、油断すると残ってしまいがちです。

 

ですので シミやそばかすが残らないように シミ消しクリームでケアをしておくことをおすすめします。

 

 

産後は 赤ちゃんのお世話で忙しくなりますので、うっかりUV対策を怠りがちです。

 

室内にいることが多いから、と思っていても ガラス戸を通して紫外線は部屋に入ってきます。

 

最低限のものでよいので 日焼け止めを活用するようにしましょう。

 

また、お散歩などで外出するようになったら 帽子や手袋などのUVグッズも活用するようにしましょう。